NATSUMi interview『HERE COMES THE STRANGE POP!!』


ー1月13日に初のミニアルバム「HERE COMES THE STRANGE POP!!」がリリースされたということで。おめでとうございます。本作品にはカラーの違った4曲が収録されているようですが、まずこの中でNATSUMiさんが最もオススメしたい曲っていうのはどれになりますか?


N:オススメ…オススメは4曲めに収録されてる「ティファナ・マリワナ」なんですけど、私、正直…そんなに好きじゃなくて(苦笑)アイドル曲として王道じゃないというか、ちょっとふざけてるじゃないですか?だからそんなに好きじゃなかったんですけど


ーめっちゃ言いますね(笑)


N:(笑)レコーディングして、出来上がったものを聞いたときに「え?なんか良くない?」と思って。なんかたぶん、いま1番聴いてて。歌詞とかも何言ってるかあんまりよくわからないと思うんですけど凄く心地良くて。サビのハモりが凄く綺麗。上手く歌えたんですよ、レコーディングも。2サビの高音とか。いや、「え」とか言わないでください(笑)


ーエンジニアの方もそうとう努力された様子でしたが(笑)


N:いや、そうだと思うんですけど(笑)それでも自分的に良いテイクが取れたと思ってて。

ーピッチやリズムはあとから修正きくけれど、声の張りやニュアンスっていうのはやっぱその時どれだけ良いの歌えたか録れたか、ですもんね。なるほど。では、他の曲はどうですか?M1「Are you ready!?」。


N:6人になって初めてのオリジナル曲ですよね。仮歌をもらって聴いたとき「この6人で歌ったらどうなるんだろう?」正直、歌割りも欲しかったからすごい聴いてすごい練習したんですよ。で、そのレコーディングが東京遠征の日で、昼バスが遅延しちゃって「東京着きました、さぁレコーディングです」録り順が最初だったのもあって声出しも満足にできなくて。


ー運営のスケジュール管理がタイトすぎるせいです(苦笑)


N:悔しかったです(苦笑)これから新しい旅が始まるんだぞ、って楽しい歌詞で力強さもあって船出にふさわしい曲なんで好きですけどね。


ー「ここのパートほんとは欲しかったんだけどな」って箇所あります?


N:正直、Cメロ。CYANが歌ってる「もしも僕の〜」。欲しかったです。けどここは新メンかな?とも思っていました。シナリオ的に。船長さん役だし。


ーではあと2曲。「いんしゅ!」


N:これもふざけた感じですよね(笑)WEARのファンはお酒が好きな方が多いので絶対ライブで盛り上がるだろうなと思ってましたが、初披露のときから「EVERYBODY!!」(って合いの手)とか、すごい対応能力が高くて。すげーと思って。ライブの定番になるんだろうなって思えたし、こっちもやってて楽しいし。


ー「ドラマチックシンフォニー」なんかに比べ、メロディー的にそこまで高低差が無いというか、歌いやすいキーだから全員よく声が出てる印象ありますね。流石、佐々木喫茶(作・編曲)さんです。

N:AKINO LEE先生の振りも真似しやすいですし。


ーではラスト「呻吟 in the rain」


N:呻吟はイントロからもう、好きです。スパー!っと、きたー!って感じのイントロが。お披露目ライブからある曲じゃないですか?初期から。その頃は4人編成だったから満遍なくAメロのパート割りが与えられてて、私は2A担当だったんですけど当時のレコーディングで「ぜんぜん表情が見えない」って指摘されて。それまでぜんぜん歌ったことないタイプの曲だったから難しくて。で、今回ミニアルバムに収録するって決まってから改めて考えて、すごい練習しなおしたんで、特にそこは注目して聴いてほしいです。


ーこっち(運営)の勝手な感想なんだけど、2番のAメロからサビに入るところがね、この4曲の中で最もスリリングだし良い声が録れてるなって思います。


ーさあ、そんなミニアルバムをひっさげた東名阪の「プちミにリるワんマん」ツアーが始まります。これはグループにとってどんなイベントになりますでしょう?


N:この6人でやる単独公演らしい単独公演がはじめてなので色んなひとに来てほしくて。4人時代を知ってるけどいまは来てないってひともいると思うんですけど、この6人になって1人1人、キャラクターだけじゃなく歌声に個性があって、ライブに、楽しさ…迫力…なんていうんだろう…違うんですよ、言いたい言葉があるんですよ(苦笑)。思い出したい単語があるんですよ。カタカナ系の(苦笑)賑やかになったっていうか。音楽もほんとにいろんなタイプの曲があるし絶対飽きないと思うんです。WEARのライブって。おもちゃ箱をひっくり返した感じっていうか。


ー史上最大に手垢のついたフレーズですよそれ(苦笑)


N:じゃあ、遊園地みたいな…


ーそれも史上2番目に使い古された…(笑)


N:ダメですか(笑)けど自信はあるんで。得させます。